2016年の証券税制改正、、、、そして、間抜けな対応の証券会社に怒り




証券会社とかのメルマガに、何か書いてあるなーとは思ってましたが。

実は、真剣に読んでいませんでした。

来年から、なんか税制が変わる!」でも、よく知らない!。でもきっと関係ないのでは?状態。

しかし、先日携帯に留守電が残されており、その数日後に郵便が届いて、やっと読みました。

そこで、初めて”自分にも関係ある”と気づいて、証券会社の店頭に何年ぶりかに行きました。

詳しい説明は、専門の所にまかせますが、自分に関していえば、特定口座作らないと不便になる事がわかりました。

私は外貨MMFを2証券口座にて保有しています、その税制が変わるらしいのです。

簡単に言えば、外貨MMFの利益=差益と利息です。

差益は非課税だったのに、課税になるというのです

しかも、総合課税(確定申告に行けと、特定口座の源泉徴収有なら行かなくてはいいけど)。

今は一般口座ですが、特定口座にした方がどう考えても良い感じなのです。

源泉徴収有か無かは、微妙。人と場合によるかと思われます、、、、


で、問題というのは、”簿価不明があるので、今すぐ売らないと特定口座に入りません”と言われたのです。

「簿価不明」って、どういうこと!と詰め寄ると、10年以上前の買い付けなので、買値がわからないとのこと。

はぁ??紙の伝票で付けてるわけじゃないだろうし、データ消したのか?と言うと。。。

紙の元帳は10年保管なので、廃棄してますと言う。どこの証券会社もそうですとか。
(自分は悪くない、失敗もしてない、、、と言い張る)

はぁ? 『捨てる前に、データとらなかったのか(入力しなかったのか)』というと、????みたいな。

この当時、確か買い付けるたびに家に”紙が送られてました(取引明細書みたいなの)”。

「家に取引報告書・計算書」があるので、そのコピー送るから特定口座に入れろ!というと。

「報告書を、店頭に持参して下さい」と言う。。

私が「コピーか画像送るから、店頭までは来れない」(当時とは、家も勤務先も転居したので、遠い)というと。

「原簿じゃないとダメなんです!!!」と、言う。

自分が買値もつけておかず、データをつけられなかったくせに、
取引報告書をもってこいとは何様!と思うのですが、私間違ってますかね。

隣のカウンターでは、高額な取引をする高齢女性(お得意様らしい)が、丁重にもてなされてました。

私の外貨MMF(1つは強制送還された)は、現況その会社には1つしか残っていません。

しかも、大した額ではありませんが、良い時期に買ったのでレートがよろしいです。

なので、今すぐ売る気なんてありません。(評価額は、現況1.6倍)

わりと何を言っても、おろおろ対応するので怒り心頭でした。
(本当に外務員試験受かってるの?という女性の対応)

あんな人、店頭出ていていいんですかーーーー。

なので、近々再度店頭に行かねばなりません(取引報告書(原簿)を持って)。

しょうがないからコピーで!と思ったら、原簿を渡せ!と言われたのです。

自分がなくしたくせに、客の控えを横取り(持ってこさせて)するって、どうなんですかね。

不愉快満載、でもレートがいいから手放せない=付き合い続く。。。。。。


ちなみに、特定口座:源泉徴収なし にしました。

今後買い付けを増やす事は何度かあっても、売りは数度しかないと予測されますが、面倒なので。


 日記





| Top |